キチンナノファイバー サプリ『ナノゼリー』ご購入はこちら >

キチンナノファイバー サプリ『ナノゼリー』誕生!

今から33年前、世界初のキトサンサプリを富士バイオが発売。その後、カニ殻由来のキチンから取り出したキトサンをベースに数多くのキトサン製品を世に送り出してきました。

本来、キチンはキトサンの元となる原料でした。しかしながら、キチンが水や酸などに不溶性であったことから、取り扱いが容易ではありませんでした。そのため、研究対象から遠ざかり、その効用の追求までには至りませんでした。

キチンナノファイバーは、カニ殼などに含まれるキチンを毛髪の約1万分の1の極細繊維(10~20nmナノメートル)に加工したものです。こうした処理により、不溶性のキチンが水にも均一に分散して混ざる、ジェル状になりました。

このキチンナノファイバーの特性により、あらためて、キチンの効用についてのさまざまな研究が行われるようになりました。

『ナノゼリー』、全国初第一号のキチンナノファイバーサプリに

また、表面キトサン化キチンナノファイバーは、カニ殼から抽出したキチンナノファイバーの表面の一部をキトサン化したものです。 キチンナノファイバーと同様、水に均一に分散し、さらに従来のキトサンのようにプラスに荷電するといった特徴をそなえています。

キチンナノファイバーの開発は、鳥取大学の伊福伸介教授らにより行われました。伊福教授は、カニ殻由来「キチンナノファイバー」の製造技術を確立した研究者として、2018年度「第23回安藤百福賞」の「発明発見奨励賞」を受賞、キチンナノファイバーの第一人者として高く評価されています。

富士バイオでは、鳥取大学との共同研究で、ヒトでの体重や体感、官能試験などを行い、伊福教授らのアドバイスをいただきながら、およそ3年の歳月を費やし、『ナノゼリー』を開発しました。『ナノゼリー』は全国初、第一号のキチンナノファイバーサプリとなります。

※ナノメートルは1メートルの10億分の1。極小単位で知られるマイクロは100万分の1になります。


キチンナノファイバー サプリ『ナノゼリー』は、キチンナノファイバー、表面キトサン化キチンナノファイバー、植物性ナノ型乳酸菌、GABAを配合したゼリータイプの栄養補助食品です。それぞれの有効成分が3ステップで内側からあなたの美容と健康をトータルサポートします。


◎ プレバイオティクス、お腹の善玉菌が増え腸内環境が向上

ナノレベルの動物性食物繊維はプレバイオティクス。プレバイオティクスとはお腹の善玉菌などを増やし、腸内環境を向上させる物質のこと。お腹で活発に働きます。ナノ化されたキチン・キトサンは、少量でも従来の働きは維持したまま、さらにこれまでのキチン・キトサンには無かった効果もみられています。また、キトサンはダイエットサプリとしても人気の成分です。この極細のキトサンは、美容と健康を追求するあなたにおすすめしたい新しいサプリメント素材です。
『ナノゼリー』には、キチンナノファイバー、表面キトサン化キチンナノファイバーが30mgづつ配合されています。

◎ バイオジェニック、1ミクロン以下の小さな乳酸菌が約1,000億個

『ナノゼリー』には1ミクロン以下の小さな乳酸菌が約1,000億個入っています。バイオジェニックと呼ばれるこの乳酸菌は、ヨーグルトなどに含まれる生きた乳酸菌と違い、生体に直接作用し、身体全体の健康維持増進に役立ちます。キチンナノファイバーで整えられた腸管の中まで入り込んで働きます。
『ナノゼリー』には、植物性ナノ型乳酸菌が50mg配合されています。

◎ GABA、ストレス社会に打ち克つ心と身体を

「病は気から」といわれるように、心の健康は身体の健康に大きく関係します。GABAはストレス社会に生きる私たちの、心と身体の健康に役立つ成分です。『ナノゼリー』には、GABAが50mg配合されています。


ネットでいつでも受付、送料は全国無料です。

ご注文方法:インターネットにて24時間ご注文が可能です。お電話でのご注文は、平日(土・日・祝日除く)午前9:00~午後6:00まで受け付けています。

お支払い方法:クレジットカード、銀行振込、代引き、コンビニ払い、郵便振替などご利用いただけます。(※お電話でご注文の場合は、代引きのみのご利用となります。それぞれお振込み手数料は、弊社負担とさせていただきます)

送料:全国送料無料です。発送について:午後3:00までのご注文は当日発送いたします。
返品・交換について:返品期限・条件~商品到着日より7日以内となります。それ以上になりますと、返品、交換はお受けできなくなりますので、何卒ご了承ください。

カニ殻には、何か秘めたる力がある・・・

キトサンサプリの開発・販売で、33年目を迎えた富士バイオ。1986年に、日本で初めて、カニ殻・キトサン製品の販売を開始し、キチン・キトサン製品を主軸に、キトサン素肌液などさまざまなアイテムを取り揃えています。

キトサンサプリ誕生のきっかけは、廃棄され野積みにされたカニ殻の処理の相談を受けたことでした。

日本一のカニの水揚げ量を誇る境港(鳥取県)では、カニの加工の際に出る大量のカニ殻の処置に困っていました。

カニ殻の廃棄をどうすればいいのか。先代の亀井代表は実際にカニ殻の廃棄の現場に赴き、現状を視察することにしました。

しかし、現地で目のあたりにした光景・・・驚いたことに、そこは想像していたような不衛生で悪臭を放つ、殺伐としたカニ殻の廃棄場ではなく、もう一つの別の風景が広がっていました。

野積みにされたカニ殻の周りの作物が活き活きと生い茂っていたのです。

カニ殻には、何か秘めたる力がある。廃棄されたカニ殻の周囲を見渡しながら、亀井代表は、そう直感しました。これを、人々の健康のために活かせないか、田畑で天然の肥料として使えないか、廃棄処理にも困るカニ殻、しかしこれが世の中の役に立つ日がきっと来る。亀井代表はそう確信しました。

折しも、当時の文部省の科学研究でもカニ殻・キトサンの有用性が報告され、キトサンへの研究熱が高まっていました。

1984年-1985年、文部省は「昭和60年度文部省科学研究費総合研究(B)」の中で「キチン・キトサン及び関連酵素の基礎・応用研究の新展開」と題して多額の研究費を大学等に拠出すると発表しました。

1990年には、カニ殻・キトサン製品の販売企業や原料サプライヤー、製造メーカーが集い、人々の健康維持・増進を理念に「キチン・キトサン協会」が発足しました。

キチン・キトサン協会では、国内外から多くの専門家が参集し、キチン・キトサンの有用性について活発な討論や研究を行いました。

そこから、次第にキトサンの免疫や腸内環境、コレステロールへの影響などが明らかにされていきました。

そうした研究実績から、1993年には、(財)日本健康・栄養食品協会が、「キチン・キトサン食品」の規格基準の作成作業部会を設置。行政サイドからも正式にキトサン製品が認知され、キトサンサプリの市場は一気に拡大していきました。

2000年には、10年ぶりに「第2回カニ供養祭」を富士バイオ主催で開催、国内外からキチン・キトサンの研究者、製造、販売企業などおよそ200名が参加しました。地元米子市(鳥取県)からも高い関心が寄せられ、NHKや朝日新聞など大手メディアでも取り上げられました。

日々高まる人々のキトサンへの関心。健康・医療現場からも注目され、国内外で広く普及していくさまざまなキトサンサプリ。

そうした中、一貫して、富士バイオはキトサンサプリのリーディングカンパニーとして業界の牽引役を担い、より良質なキトサン製品の開発に努めてきました。
HOME > キチンナノファイバー『ナノゼリー』
富士バイオ、33年の実績
カニ殻には、何か秘めたる力がある

キトサンは分子量が決めて!分子量の異なる5種類のキチン・キトサン配合『キトナコス』只今、初回限定1,080円(税込)
1994年より放映のカニパック健康体操CMです! (音楽が流れます)

UP