富士バイオ株式会社

キチン・キトサン協会 活動の記録

1991年に、人々の健康維持・増進を願い、発足されたキチン・キトサン協会。カニ殻キトサン製品のパイオニアである富士バイオをはじめ、キトサン販売企業、原料供給・製造メーカーなどが参画し、キチン・キトサンの研究及び有用性の報告が行われました。

キチン・キトサン協会とは | 登壇された講師の方々 | 

キチン・キトサン協会とは、キトサン臨床応用の第一人者、アスタークリニック院長の松永亮医師が設立し、キトサンの主に健康における効果について幅広く人々に認識してもらうことを目的として1991年から活動していた団体です。

当時はまだサプリメントという言葉も一般的ではなく、現在のように大手企業が健康食品産業に名を連ねる事がまれな環境の中で、早くから食品のエビデンス(科学的根拠)に着目し、実験での検証や研究者との連携、他分野での研究情報から末端の愛用者の声までと、膨大なキトサンに関わる情報の収集と拡散を続けてきました。

現在は休会という形をとり表立った活動はしていませんが、約15年間に及ぶ活動の中には75巻もの会報誌(キチン・キトサン協会誌)が残されていて、紙面を埋める話題は現在にも通じる普遍的なものが多く、大変貴重な資料であると思います。

約15年間の活動期間中に定期的に開催されていた定例会や講演会では、講師としてキトサン研究周辺での各界のエキスパートが登壇し、その錚々たる顔ぶれにはあらためて驚かされます。

主だった講師はこちらになります。

赤松 勇一:稲作農家
旭丘 光志:作家、日本ジャーナリスト会議会員
浅香 光代:女優
阿部 博子:医学博士、近畿大学東洋医学研究所 第一研究部門教授
穴水 玲逸:医師、青森東方クリニック
糸川 嘉則:医学博士、福井県立大学看護福祉学部学部長 京都大学名誉教授
糸日谷 秀幸:理学博士、NR(栄養情報担当者)健康カウンセラー
落合 慶一郎:㈱食品化学新聞社 代表取締役
大村 崑:俳優 日本喜劇人協会副会長
奥田 拓道:医学博士、愛媛大学医学部医化学第二教室教授
加藤 清美:健康産業流通新聞社 代表取締役
加藤 秀夫:医学博士、県立広島女子大学家政学部食物栄養学科教授
梶本 修身:医学博士・医師、総合医科学研究所所長、大阪外国語大学保健管理センター講師
金子 今朝夫:国際健康研究所 代表
川竹 文夫:ガンの患者研究所 代表
坂本 廣司:日本化薬(株)医薬事業本部特薬事業部開発部長
桜井 弘:薬学博士、京都薬科大学教授
山東 昭子:元参議院議員・科学技術庁長官、(財)日本健康・栄養食品協会会長
下平 正文:医学博士、健康医学情報センター所長
白井 邦彦:全国漁業協同組合連合会次長
孫 海龍:医学博士、韓国大邱市廣日病院院長
武田 厚司:薬学博士、静岡県立大学薬学部医薬生命科学教室助教授
田澤 賢次:医学博士、富山医科薬科大学医学部教授
田中 信康:理学博士、元厚生省健康増進栄養課課長補佐 (財)日本健康開発財団 常務理事
辻 啓介:農学・医学博士、国立健康・栄養研究所 応用食品部 食品栄養評価研究室長
赫 勲男:甲陽ケミカル㈱ 代表取締役社長
中島 和男:川研ファインケミカル(株)ライフ事業部香粧品開発部長
中村 幸昭:鳥羽水族館館長、日本甲殻類学会評議委員
難波 恒雄:薬学博士、富山医科薬科大学名誉教授、民族医薬食科学研究所所長
長谷川 榮一:医学博士、佐倉市国際文化大学学長
長谷川 佳哉:漢方医薬新聞社 主幹、国立北京中医薬大学日本校副理事長
林 盈六:医学博士、財団法人日本相撲協会診療所・医師
平野 茂博:農学博士、鳥取大学農学部教授、キチン・キトサン研究開発室室長、キチンキトサン研究会(現キチン・キトサン学会)発起人
福士 雄幸:医学博士、ふくし内科小児科医院院長
福地 知行:工学博士、静岡県立大学薬学部名誉教授
藤平 健:医学博士、藤平眼科院院長、日本東洋医学会元会長
牧野 順一:健康産業新聞社 代表取締役
松井 宣夫:医学博士、名古屋市立大学医学部整形外科学教室教授 同付属病院院長
松永 亮:医学博士、松永労働衛生コンサルタント事務所長、アスタークリニック院長
ミハイロワ・スヴェトラーナ:愛知県立大学講師
光岡 知足:農学博士、東京大学名誉教授、理化学研究所名誉研究員
矢吹 稔:農学博士、元千葉大学園芸学部教授、キチン・キトサン研究会(現キチン・キトサン学会)初代会長 
和田 政裕:農学博士、城西大学薬学部教授 医療栄養学科食品学講座
李 鴻基:医学博士・医師、八反丸病院 
その他
※敬称略、50音順、肩書きは講演当時のものを掲載。





キチン・キトサン